略称や正式名称

人気の略称を見落とさない

施設名や会社名には、有名な略称がある場合があります。たとえば「東京ディズ二ランド」は非常に人気のキーワードですが、実は略称の「TDL」もその半分くらいの検索数があるのです。この場合「東京ティズ二一ランド(TDL)」など略称もあわせて書いておくといいでしょう。「ユニバーサルスタジオ」は、なんと略称の「USJ」のほうが人気です。ほかにも有名人の名前は通称が人気の場合があります。たとえばMr.Childrenは「ミスチル」、蛇原友里は「エビちゃん」など。ブログに記事を書くときに「ミスチルの新由」とすればよりコアなファンが集まってリピーターになってくれるかもしれません。

正式名称も書いておく

略称をカバーするのも大切ですが、最近では少しずつGoogleやYahoo! JAPANの提供するツールバーが普及してきています。そのため、何かを調べるときにWebページ上からキーワードをコピーして、そのままツールバーの検索ボックスで検索するユーザーが増えてきているようです。たとえば「ユニバーサルスタジオジャパン」は正式名称が長いにも関わらす、「ユニバーサルスタジオ」よりもよく検索されていますし、「本家伴久菖久旅館」という長くて漢字が難しい旅館名も、かなり検索されています。レビュー記事を書くときは「本家伴久薯久旅館の口コミ」など、長くても正式名称を書いておくといいでしょう。